いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

侍塚古墳

さむらいづかこふん

侍塚古墳

下侍塚古墳

区分/種別
国指定-史跡
所在地
大田原市湯津上
時代
古墳時代
ルート
しもつけの夜明け
文化財概要

4世紀に造られたと考えられる前方後方墳。元禄5(1692)年、水戸黄門の名で有名な徳川光圀が命じて、日本初の学術的な発掘調査が行われた。上侍塚古墳は那珂川流域で最大級の規模をほこり、下侍塚古墳は「日本で一番美しい古墳」と称されている。


文化財エピソード

日本で最初の発掘調査を実施

元禄5(1692)年、先の水戸藩主であり、この時隠居していた徳川光圀の命により、日本で最初の学術的な発掘調査が行われた。調査を指揮したのは「助さん」こと佐々介三郎宗淳。松を害虫から守るために行われる「コモ巻き」は季節の風物詩になっている。

松保護のためのコモ巻き(上侍塚古墳)
文化財ポイント

「日本一美しい」と称された古墳

上侍塚古墳の墳丘の長さは114m、下侍塚古墳は84mあり、栃木県内の前方後方墳の中でそれぞれ2番目と4番目の大きさ。墳丘上の松は光圀の命により、発掘調査後、盛土の崩落を防ぐために植えられたもので、日本初の史跡整備と言われている。その姿は「日本一美しい古墳」とも言われている。

上空から撮影した下侍塚古墳(南より、栃木県立博物館提供)

地図を大きく表示

018_kami_samuraiduka.jpg

上侍塚古墳