いにしえの回廊
メニュー
文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ中
文字サイズ大

北山古墳群

きたやまこふんぐん

北山古墳群

雷電山古墳

区分/種別
市町指定
所在地
宇都宮市瓦谷町・岩本町
時代
古墳時代
ルート
しもつけの夜明け
文化財概要

6世紀中頃から後半にかけて造られたと考えられる。3つの前方後円墳(宮下古墳・権現山古墳・雷電山古墳)からなり、自然の丘陵を巧みに利用して造られている。


文化財エピソード

県内最古級の横穴式石室

3基の古墳の中では、宮下古墳が最初に築造されたと考えられている。宮下古墳の埋葬施設の場所は不明だが、明治時代の発掘調査の記録から横穴式石室があったことや直刀、馬具、玉類が出土したことが分かる。石室の形から、県内最古級の横穴式石室とも言われている。

宮下古墳
文化財ポイント

丘陵上に築かれた3基の前方後円墳

宮下古墳は北山古墳群の中心的な古墳であり、周囲には5基の円墳が付き従うように「V」字形に築かれている。権現山古墳、雷電山古墳は、それぞれ後円部の南側に横穴式石室が開口し、中を覗くことができる。権現山古墳の石室は、全長8.05m、最大幅は1.25mと長くて幅が狭いのが特徴。

権現山古墳

地図を大きく表示

013_kitayamakofungun_gongenyamakofun_YA3_9808.jpg

権現山古墳

013_kitayamakofungun_miyashitakofun_YA3_9795.jpg

宮下古墳